特別価格&3大特典付きのキャンペーンは期間限定です。
予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
↓
あなたも短期間で世界最高水準のトレード技術を身に付けませんか?

FROM:白石 透

正直に言いますが、トレーディングに特別な知識や才能は必要ありません。そんなことはない!とあなたは疑うでしょう。ですが、トレードで成功している人が皆、頭が良くてセンスがあって、並外れた知識と教養を持ち合わせているとは限りません。

逆に「その能力の高さがトレードに悪影響を及ぼしている!」と言ったら?あなたは私に対して、さらに疑いを抱くのでしょうか?それとも、「だったら自分にもチャンス有り!」と前向きに考えるでしょうか。

事実、学歴の高い賢い人がマーケットでは赤子の手をひねるかのようにいとも簡単にあしらわれ、トレーディングで大きな失敗を繰り返してしまっています。嘘みたいな本当の話ですが・・・、どうしてだと思いますか?

なぜ、賢いはずのトレーダーたちの多くが、損失を出し続けているのか?

それはどんな苦難や障壁が目の前に立ち塞がっても、彼らはそれを克服するためにありったけの智恵を絞り、教養の引き出しを漁り、いかにそれらを乗り越えるかを考えようとする能力や気質が備わっているからです。

そのように聞くと、さすが賢い人はやることが違う!と感心する人もいるでしょう。難しいことにチャレンジする姿勢は確かに素晴らしいことです。そして、それを克服した人は尊敬に値しますし、困難に立ち向かうことで人として成長できる。人生を語るのであれば、それは賞賛すべき行動です。

逃げる

ただし!それをトレーディングの世界に持ち込むのは危険な行いであると言わざるを得ません。 マーケットにおいては、危険を察知したり困難に遭遇したりしたら、勇敢に立ち向かうのではなくサッサと撤退するのが良策です。そこにオリジナルの創意工夫なんて必要ないのです。直ちにゴメンナサイして逃げるのみ!

ところが、彼らは自分の行動や判断が否定されることを嫌うためか、自分なら大丈夫!危機的な状態を回避できる、克服できると信じています。こんなことくらい簡単にクリアできる!大した問題ではない!何かいい方法があるはず!打開策を考えればいい! と。

自信過剰もいいところです。第三者が見れば一目で撤退すべきとわかる局面で、当の本人だけがその状況を把握していない?!というより負けを認めたくないというプライドでしょうか・・・。しかし、巨大なマーケットの大波に対して、所詮彼らの打開策など無力、傷口をさらに広げるにすぎません。

では、知識やスキルアップは必要ないのか?!

とはいえ、知識なんてまったく無くていいと言っているのではありません。どのような場面で、どのような条件で、どのような決まりを持ってトレーディングを推し進めるべきかといったことは、自然に身につくものではないので、ある程度の訓練や学習によって的確な分析力や判断力を養っていくべきです。

フットボール

しかし、現実はというと・・・、それらを完全に無視して、簡単にトレードは儲かると勘違いしたまま市場参入してきている人がいまだに多いのです。きっと彼らは少しの利益をコツコツと積み重ね、勝率の高さを自画自賛しているうちに大きな損失を被り、そのあとヘイルメリープレーに果敢に挑んでは玉砕していくのでしょう。

ヘイルメリープレーとは、フットボールで負けているチームが試合終了間際に、一か八かのロングパスで起死回生を狙うことです。つまり、思い上がったトレーダーたちの多くは窮地に立たされたとき、一発逆転を狙った勝負に出たがるのです。もちろん結果はあっさり返り討ちです。他に選択肢はなかったのでしょうか?

この手紙は、そんな無謀なトレーディングで大切な資金を日々ばら撒く集団からいち早く脱却したいと考える人!いつかトレードだけで生計を立てたいトレーダー(あなた)に向け、願いと期待を込めて書き記すものです。

エキサイティングゲームならやめるべき!

したがって、学習なんてイヤ!スキルアップなんて興味なし!少しの小遣い稼ぎにさえなればいいといった、ほんの下心程度の意識でトレードに向き合っている人は、これ以上この手紙を読み進める必要はありません。むしろ、すぐにでもトレーディングを止めるべきです!

なぜなら、何も考えずにマーケットに飛び込んだトレーダーが、ほぼ間違いなく感情的にも経済的にも深く傷ついてしまうことは目に見えているからです。そこそこエキサイティングなゲームを楽しめるでしょうが、きっと大火傷するので立ち去るのであれば早いほうがいいかもしれません。

マーケットから立ち去っても恥ずかしいことではありません。別にピアノやダンスができなくったって、恥ずかしいわけではないのと同じです。反対に、本気でトレーディングに取り組みたいのであれば、このまま集中して、この手紙を読み進めていただくべきです。

ここで人生を変えてみせる!くらいの気位の方にとっては、自分自身への期待値に心臓が高鳴っていくことを感じてもらえるでしょう。次の一歩を踏み出すか、クルッと背を向けて立ち去るかは、あなた次第です。

もし、あなたが・・・、

  • まったくの投資初心者ではなく、ある程度経験があるものの現在上手くトレードできていない
  • トレードが上手くいかない理由が明確になっていない、あるいはまったく理解できていない
  • あらゆるトレード手法を身につけるために、これまですでにたくさんの学習費用を使ってきた
  • 日本の投資教育に遅れを感じていて、海外の優れた本物の投資家に純粋に興味を持っている
  • もっと実践的なトレードの勉強をしたいが、実際はじめるとなると何をどうすべきかわからない
  • すぐ使えなくなる小手先のテクニックではなく、王道、基本から着実に習得したいと考えている
  • 投資での失敗経験があり、リベンジをしたいが自信がなく今一歩積極的に踏み出せていない
  • 本格的に投資を学びたいと真剣に考えていて、それ相応の優良な投資教材を探している
  • これまで散々負け続け、これで駄目だったら投資は金輪際やらないという崖っぷちにいる

あなたが、このような問題から解き放たれて、トレードで生計を立てるトップトレーダーを真剣に目指すというのなら、今日という日が衝撃の分岐点となることを約束します。

そんなあなたに、まずこの話をさせていただきましょう。

2色のペンを用いたある実験の話
ペンの話

1950年代にアメリカの社会心理学者が、ボランティアの大学生に協力してもらい、大変興味深いこんな実験を行いました。まず、最初にある大学生に黄色と銀色の2つのペンを見せ、どちらが長いか答えさせます。被験者の大学生は、当然間違うことなく「長いのは黄色」と正解します。

さて、実験はここからです。30分後に彼は別の集団と同室で同じ質問を受けます。この集団というのが、実は仕込まれた人たち。彼らは、先ほどの質問に対しこう答えます。「銀色のほうが長い」。そう、全員がわざと誤った回答をします。すると、なんとさっきの大学生までも長いのは銀色と答えたというのです。

何の実験かはもうお分かりですね。どうやら人は自分の目で見たものより、大勢の言うことを信じてしまうようです。知的な大学生であっても、集団のなかに取り込まれると誤った行動をとる?!これはまるで集団になると愚行に走るトレーダーと同じです。

自分は価格が上がると考えていたが、周りの意見を聞くとみんな下がると言っている。え?やっぱり下がるのか、そうなのか、そうなんだろう・・・、きっとそうに違いない!トレーディングでは9割が負けるということを耳にしたこともあると思いますが、このように考えるとさもありなんという感じです。

集団でいると安心はマーケットでは危険

もちろん集団に従っていれば、いくらかならトレンドを掴むことができるかもしれません。しかし、トレンドの終焉を確認できる頃には時すでに遅し!集団もろとも、それまでの含み益を一気に吐き出し、大きな損失状態に転落してしまうことになります。なぜ、そうなると思いますか?

たとえば、よくあるこんな状況をイメージしてみてください。含み損のポジションがあるとします。まだ下がりそうという恐怖であなたが手仕舞った途端に、マーケットが反転上昇するといった経験のある人はきっと多いはず。

そのときあなたは苦虫をつぶしながら、おそらくこう思ったはずです。なぜ自分が手仕舞った瞬間に値が戻るんだ?!誰かが後ろからこっそり自分のトレードを見ていたのか?!決済注文いれたと同時に価格が戻るように仕組まれた注文システムになっているんじゃないのか?!

実はこれも集団の考え方によるものです。実際はどうかというと、自分が恐怖を感じているときというのは、その他大勢の参加者も同じように恐怖に支配されているのです。つまり、そのタイミングで自分だけが手仕舞いしたと思っているのは、それこそ本人だけで、本当は周りのみんなも同時にポジションを放棄していたのです。

なので、あなたを含む集団の衝動的な売りが落ち着けば、そのあとマーケットは当然のように上昇するだけです。これがあなたが決済した途端に反転上昇するときのカラクリです。

そもそも一個人の売り買いで価格が上下するわけがありません。マーケットは、あなたの幸も不幸もコレっぽっちも考えてはいないのです。集団のなかで踊らされている意識のない者に限って、自分だけ・・・という考えを持っているのです。

成功するトレーダーは、集団から独り立ちして物事をしっかり考えられる人です。自分は自分、他人は他人。大事なのは、マーケットのなかでの自分の立ち位置をしっかりと理解することです。

トレーダーの自滅行為に規制ナシ

ひょっとするとある意味、私たちは平和ボケをしているのかもしれません。マーケットで独り立ちしようとするトレーダーにとって、平和な日常は不適格であると考えることもできそうです。というのも、私たちの日常は思いやりのある社会に守られていると思うのです。もし危険な状態であれば、きっと誰かが教えてくれます。誰かが助けようとしてくれます。

たとえば、ビルの屋上から飛び降りを図る人がいたら、発見者はすぐに通報し、警察は思いとどまるよう説得を試み、消防は万が一の落下に備えビルの下にクッションを準備する。危険な運転をするドライバーに免許は発行されませんし、医療事故を起こしそうな外科医からはメスを取り上げます。

顔も名前も知らない同士であっても、車が迫ってきて危険だと気づけば、いつだって誰かが「危ない!」と声を上げてくれます。しかし、マーケットでは暴走するトレーダーを誰も止めようとはしません。むしろ誰かが気づいたとしても、けっして口には出さず喜んで危なっかしい行動を歓迎するでしょう。

「よし、カモが来た!」と。

トレーダーの自滅行為に対する抑制は、トレーダー自身でするしかありません。つまり、自覚です。負けてばかりのトレーダーにありがちなのは、「自分の実力が大したことない」ということを理解していない愚かさです。
では、なぜトレーダーはそのことを自覚できないのでしょうか。

なぜ、トレーダーは自覚できないのか?
過信

大した知識もないのになぜか強気であったり、自分ならできるという過信があったり。失敗したときには、損失を出したのは自分だけじゃないから仕方ないと思っている。

利益が出せなかったのは、たまたま今回に限って相場が急に激しく動いたから、○○だから、××だから、△△だから・・・。何でもかんでも周りのせい、他人のせいです。

その積み重ねが原因で負け続けるトレーダーは、まるでアルコールに支配された依存症の人が連日酒場に足を運ぶように、性懲りも無くマーケットに入っていきます。そこに行けば、また興奮できる楽しい時間を過ごせることを期待しているからです。

アルコールが体内を流れる興奮状態と、チャートが画面上で脈打つスリルに魅了されることは、実はよく似ています。残念なことに気持ちが熱狂している時点では、問題の深刻さ、危険度の大きさについて、別に知りたいと思わなくさせてしまっているのです。

アルコール依存症患者との共通点
アルコール症候群

つまり、どんなに果敢にトレーディングに挑んでも成果がでないトレーダーと、アルコール依存症患者とのあいだには、愚かな共通点がはっきりと存在しています。

目的も曖昧、計画も適当なエントリーを繰り返すことは、酔っ払った人が後先のことを考えず、次々と追加オーダーをするようなもの。味や香りを楽しむどころか、何を飲んだって同じという最悪な状態です。ここまでくれば、もはや麻痺状態ですね。誰が見たってダメな行動をとっていることを泥酔者(トレーダー)だけが認識できていないのです。

愚かなトレーダーが現実を思い知るのは、絶望というドン底を見たときです。頭をかきむしり泣き叫びたいほどの仕打ちを与えられるそのときまでは、気分上々でエキサイティングな時間に酔いしれているわけです。これを未然に防ぎ、いつだって冷静にトレードに向き合うことができればいいのですが・・・。

もしかすると、病気なのかもしれません。

もし、あなたがどんな状況であっても冷静にいられるとしたら、間違いなくトレーディングで目を見張るパフォーマンスの向上を実現できると思いませんか?

悩み

エントリーすべきか見送るべきか、保有し続けるべきかエグジットすべきか。ここらで手堅く利確しておいたほうがいいのではないか、これ以上含み損を抱えたままでは危険ではないか。マーケットがどれほど激しく動いても、けっして熱くなることなく自分自身を客観的に見ることができるなら?

アルコールだって自分の限界を知っていれば、パーティの開始から最後まで楽しく飲めるでしょう。自分がわからなくなるほど飲んでしまうと、次の日が大変ですからね。

ただ、アルコールならば一晩ぐっすり寝れば、自然に体力も回復してきますが、トレーディングで無くした資金が一晩で自然に返ってくるなんてことはありません。さらにいうと、仮に二日酔いにでもなったとしたら、さすがに翌日は誰もがアルコールを控えるのでしょうが、トレーディングの場合、損したときは次のエントリーを控えるどころか、倍にして取り返そうとさらにヒートアップする人がいるものです。

その無計画なトレードがいかに無謀であるか、少し考えればわかりそうなものですが、きっと思考が麻痺してしまっているのでしょう。ショッキングな言い方になりますが、これってトレーダー特有の病気なのかもしれません。

トレーダーにもっとも適した職業とは?

「トレーディングにおける成功の秘訣は心理にある」という話は、誰もが耳にしたことがあるでしょう。それは、どれほど素晴らしい売買手法を採用していたとしても、肝心な判断を求められる時点で感情に揺さぶられて失敗を繰り返す人が大勢いるからでしょう。

もう少し、あと少しという欲望やまだイケる、まだ大丈夫という自信と油断、チャートの価格が上に下にと動くたび、交互に訪れる歓喜と恐怖。そして、もうダメだという絶望・・・。そういった感情の起伏がトレーディングに悪影響を及ぼしてしまっていることは簡単に想像がつきます。

仮にあなたが心理状態をコントロールできない病を患ったとしましょう。はたして誰に相談するでしょうか?学校の先生ではなく、もちろんお医者さんでしょう。それも内科医や外科医でもなく歯医者でもない。心の病の専門といえば、やはり精神科医ということになります。

では、もし人間の心理について造詣の深い専門職、精神分析医が真剣にトレーディングに取り組んだとしたら?!

価格が動くたびに揺さぶられる感情に悩まされることも、マーケットの動きが生み出す「集団心理」に惑わされることもなく、その場面においてもっとも優位とされる最良の選択を冷静に導きだしていくことでしょう。

つまり、もしトレーディングに適した職業は何かと考えたとき、精神分析医はその適応性において誰もが上位クラスと認めるエキスパートだと考えられます。

それでは今からあなたのトレーディングを成功に導いてくれるであろうエキスパート中のエキスパートを紹介させていただきましょう。

トレーディングを成功に導く世界的権威
“Trading for a Living”(邦題:『投資苑』)

その人物の代表作“Trading for a Living”(邦題:『投資苑』)は、一度でも真剣にトレードについて学ぼうとしたことのある人なら知っていて当然の世界的名著です。

直訳すると「トレーディングで生計を立てる方法」。世界13カ国語(英語・日本語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・オランダ語・ロシア語・ポーランド語・韓国語・中国語・ギリシア語・チェコ語)で翻訳出版されている500万部超の大ベストセラーです。

Amazon.co.jpでも総合ランキング1位など数々の売上ランクを記録。
『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者ロバート・キヨサキ氏も推薦図書としてあげています。

その著者こそが、あなたの未来のトレーディングを見違えさせる重要人物!アレキサンダー・エルダー博士(Dr. Alexander Elder)です。彼はニューヨークを拠点とするプロトレーダーであり、実は精神分析医という経歴をもつ特異な人物でもあります。

アレキサンダー・エルダー博士
旧ソ連時代のレニングラードで生まれ、エストニアで青年期を過ごす。16歳という若さで医学部に進学し、23歳のとき船医としてアフリカに降り立った際に逃亡を企て、アメリカへの亡命を果たす。亡命後、精神分析医としてニューヨークで開業し、コロンビア大学で教鞭をとることに。

トレーディングにおいては精神分析医の経験を生かした独自の見解を持ち、世界中のトレーダーから、現代のプロトレーダーのリーダーの一人であるとして絶大な支持を得ている。自らが現役のトレーダーである傍ら、書籍の出版やセミナーを開催するなど投資家育成にも積極的であり、“スパイクグループ”という投資集団の創設者でもある。

主な著書には、『投資苑』『投資苑がわかる203問』『投資苑2』『投資苑2 Q&A』『投資苑3』『投資苑3 スタディガイド』『利食いと損切のテクニック』(いずれもパンローリング)などがある。

主な著書
  • 投資苑「心理・戦略・資金管理」
  • 投資苑2「トレーディングルームにようこそ」
  • 投資苑3「16人のトレーダーが明かす仕掛けと手仕舞いのすべて」
  • 投資苑がわかる203問
  • 投資苑2 Q&A
  • 投資苑3 スタディガイド
  • DVD 投資苑 ~アレキサンダー・エルダー博士の超テクニカル分析~
  • 利食いと損切りのテクニック トレード心理学とリスク管理を融合した実践的手法
なぜ、世界中のトレーダーに支持され続けているのか?

エルダー博士は著書やセミナー講演のなかで、このようなことを述べています。

エルダー氏

「インドの蛇使いは笛を吹いて体を揺らす。でも蛇は耳が聞こえない、笛は見物客用だ。蛇は蛇使いの体の動きに反応しているだけなのだ。市場の動きに合わせて揺れるトレーダーもいわば催眠状態のようなもの。毒蛇だって催眠状態になれば素手で掴めてしまう。」

つまり、環境や条件によって、意識と行動は必ずしも合理的ではないということです。しっかり地に足を着けたトレードをしていかなければ、成功なんてありえません。酔っ払いのように足元がフラフラとした人が、トレーディングで生計を立てるなど、寝言以外の何モノでもないのです。

では、具体的にトレーダーとして成功するためにはどうすればいいのか?エルダー博士はある理論を明確に示しました。 それが、「3つのM」といわれるものです。このうちどれかひとつでも欠けていれば、トレーディングでの成功は極めて難しいといいます。

トレーディングに必要不可欠な3つのMとは?
mind-マインド

すべてのマーケット参加者に共通しているトレードを行う唯一にして最大の目的は、利益を上げることです。ところが、多くの人がトレーディングそのものに興奮し、目的を見失ってしまいます。(「市場はトランプとチェスと競馬を合わせて1つにしたようなもので、地上で最も面白い場所」とエルダー博士はいいます)もちろん、そうなれば待っているのは敗北です。

相場が自分の思惑通りに動けば幸せな気持ちになり、何度でも味わいたい高揚感に酔いしれますが、反対に目指す方向と逆に動けば酷く落ち込み、他人のせいにしたり突発的なニュースのせいにしたりしては損失の責任を転嫁する。場合によっては自暴自棄になって破産の道をたどるのです。

失敗の原因が自分自身にあるということを受け入れるのは困難なことかもしれません。ですが、そのときどきの感情の起伏でトレーディングのスタンスを無視したり、ルールを変更したりしては継続的な利益は到底のぞめないのです。だからこそエルダー博士はトレーディング・マインドの確立を最優先すべきとしています。どれほど優れた技術や高度な知識を持ってしても、それがなければ勝負どころで一気にマーケットに飲み込まれてしまうのです。

method-メソッド

どれほどマーケットに精通した知識があったとしても、直感を頼りにエントリーやエグジットしているようでは自己破滅を招くギャンブルと同じです。その時々のニュースや急激な値動きに翻弄され、行き当たりばったりの感情的なトレードを排除するには、テクニカル指標を駆使した客観性のある手法を積極的に採用することです。

ただ気をつけなければならないこともあります。トレーディングに興味を持つ人はもともと好奇心が旺盛なので、どうしても新しい情報に関心を持ってしまうものですが、新しいほうが期待値が高い、複雑なほうが信頼できるというのは単なる思い込みにすぎません。

事実、これまでに成果をあげてきたトレーダーは、少しばかり負けトレードが連続したからといって、アレコレと手を変えることはありません。一貫性のある手法でトレードを継続することこそが、安定したパフォーマンスの実現を可能にするということを自分自身の経験から理解しているのです。

あなたのすべきことは、数多くの手法を習得することでも新しい手法を1から作り出すことでもありません。トレーディングを成功に導く最短距離は、すでに実績のある信用できる手法を極めることです。

method-マネー

あなたは勘違いしていませんか?多くのトレーダーはどうすればマーケットで稼げるかだけに注力し、あらゆる勝ち方について試行錯誤を繰り返します。しかし、利益を上げることと同じくらい、損失によって退場させられることのないマネジメントがトレーディングには必要です。

たとえば損するトレーダーほど損を早めに切ることができません。祈るような気持ちでポジションにしがみつき、損失の確定を先送りしては含み損を膨らませ続けます。そこに勝率や確率論、期待値といったトレーディングの基本概念は一切ありません。そんな状態が繰り返されれば、破産するのは目に見えています。

トレードスタンスの理想はもちろん損小利大ですが、それを実現するためには勘や感情を排除した計画的なトレーディングが求められます。100%の勝ちを保証されない相場である以上、いくぶんかの損失は受け入れなければならないのです。

損失が小額で済めば、次のエントリーで巻き返すどころか、飛躍的な利益獲得につながる可能性も十分あります。ただそれも資金があってのことだということを忘れてはいけません。絶好の機会を迎えたとき、すでに資金が底を付いているようでは元も子もないのです。

三脚

この3Mをバランスよく採用することが、利益を出し続けるトレーダーへの近道です。決まってトレーディングを始めたばかりの人は、すぐに利益を出すためのメソッドのみを探し求める傾向があります。

ですが、それは3Mのうちの1つにスポットを当てているだけにすぎません。たまたまはじめのうちだけ上手くいったとしても、それが長く続くことは到底ありえないのです。

イメージしてみてください。脚が一本しかない椅子にまともに座ることはできませんよね。なんとか上手くバランスを保ったとしても、さすがに長時間座り続けることはできません。これはトレーディングでも同じで、どれだけ素晴らしいメソッドがあったとしても、それだけでは長期間、継続的に勝ち続けることはまず無理だということです。

とはいえ、偉そうに言っている私もかつては、そのことに意識を向けずに目先のことしか考えていないトレードで失敗した苦い経験があります。結果、例外なく投資資金の大半を短期間で吹き飛ばしてしまいました。

あのときのことは一生忘れません。目の前のチャートがどんどん下げていくのを食い入るように凝視しながら、激しい動悸に襲われ、汗ばんだ手は震え、少しでも取り戻そうと次々と果敢にエントリーするものの、さらに損失は膨らむばかり。もう駄目だと損切りした途端に急反転・・・。

買っても売っても待っても、やることなすことすべてが裏目裏目。下手を打ってばかりの後悔を繰り返していました。いま思い返すと、まったく計画性も戦略もない欲だけに目がくらんだ本当に浅はかなトレーディングでした。

もし当時の私がエルダー博士の存在を知っていたなら!もし時間を巻き戻して3つのMの存在を教わることができたなら!間違いなくあんな無残な損失には至らなかったはずです。

この3つのMの重要性について理解していなければ、バランスの悪い椅子から転げ落ちるようにいずれ痛い目に遭う可能性が極めて高いと断言できます。かつて私が経験したように・・・。逆に、しっかり安定した3脚椅子に座っているならば、自らそれを望まない限り転びようがありません。

今ならまだ間に合うという人が本当にうらやましいです。

「メンタル」×「トレーディング」のパイオニア

エルダー博士は3M(マインド、メソッド、マネー)のなかでも、特に「マインドの確立」がトレーディング成功のカギであるといいます。 それを聞いて「心理の重要性?そんなことはずっと前から知ってるよ!いろんなトレーディングの書籍でも同じようなことが言われているじゃないか!」おそらくそう感じている人も多いでしょうね。

ですが、こういったトレーディングで成功するカギが外部要因ではなく、自分自身の心の中にこそ存在するという概念をはじめてトレードの世界に持ち込んだのが、アレキサンダー・エルダー博士であることを知っていた人はそう多くはないでしょう。

実際、心理について言及している書籍であってもトレード経験のない精神科医の言葉を借りてきただけのものが多く、トレードにおける心理の影響について深く考察されたものはほとんどありません。当然ながら、その影響による問題について、具体的な解決策もそこで明らかにはされていません。

その一方で、エルダー博士は精神分析医でありながらプロトレーダーでもあるという特殊な経歴の持ち主です。だからこそ日々の患者との対話を通じて得た生の経験から、トレーダーの誰もが持つ「欲」や「恐怖」という感情を克服する方法を見事にトレーディングの世界で明示することができたのです。

つまり、エルダー博士は「メンタル」×「トレーディング」という分野を切り開いたパイオニアというわけです。マーケットのアナリストやコメンテーターと呼ばれるような人たちが、さも当然のように語っていることも、元をたどれば、すべてエルダー博士が提唱した概念がベースになっているといっても過言ではありません。

まさに格違いの大物!その概念が現在ここまで世界的に普及し、多くのトレーダーに支持され、実際に利用され続けているということ自体、エルダー博士が投資業界に与えてきた影響の大きさを示す紛れもない証といえるでしょう。

ありきたりですが、井の中の蛙という言葉があるように、世界を知らないということはなんとも不憫なことです。 たとえば、日本の政界財界の名だたる大物を排出した東京大学や京都大学の世界ランキングは?(ちなみに英タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの発表による世界大学ランキングでは東京大学39位、京都大学91位)。日本でトップクラスの資産家であっても、はたして世界レベルではどうでしょう?

日本を一歩出れば、とんでもない役者が世界という舞台にはわんさかいるのです。そして、その小細工無しの王道スタイルこそが世界に認められてきた本物!「え?誰その人って?」とネットで検索しなければわからない輩とは、次元が違いすぎます!

なぜ、世界中のトレーダーに支持され続けているのか

精神分析医の見識からトレーディングを解析していることに加え、その異色な経歴のインパクトの大きさからどうしても心理的な面にスポットが当てられがちですが、どれほど心理面の考察において非凡であっても、何のテクニックも無しにトレーディングの成功はありえません。

世界中のトレーダーに支持

今日にいたるまで世界中のトレーダーから絶大な支持を得ている理由は、エルダー博士が世界屈指のテクニカル分析のスペシャリストでもあるということを抜きにしては語れないのです。

専門知識はもとよりコンピューターを駆使した分析を積極的に取り入れ、科学的、統計的、かつ理論的な手法を構築。どこでエントリーするか、どこにストップを置くか、利食いのタイミングなど明確な指針を示してきたことで、多くのトレーダーを成功に導いてきた功績があるのです。

実際、いくつものオリジナル指標を開発していますが、世界中のトップトレーダーの間でそれらの指標が信頼を勝ち得てきたのは、よくある後付けで正当性を謳うような論理が、博士の手法や考え方のなかに一切ないからです。

エルダー氏

その場限りの感情論を説くわけでもなく、難しい理論を並べ立てるだけの専門家気取りでもない。極めて現実的にマーケットの動きを、ドクターの目線で冷静に診察し、技術者の視点で整然と分析しているのです。

エルダー博士は、いわば世界中のトレーダーらが敬うメンターと呼ぶべき存在といえます。トレーダーとして成功したいならば、博士に教えを請うことは義務教育を受けるのと同じようなものと言えるかも知れません。

では、あなたがエルダー博士をメンターとして、トレーディングを直接学ぶにはどうすればいいのでしょうか。実は、その方法がないわけでもありません。

世界トップレベルのトレーディングを学ぶには

エルダー博士は投資家育成にも非常に熱心であり、世界各国のトレーダーのために様々な投資教育機会を設けてくれています。その中のひとつにある教育プログラムこそが「トレーダーズ・キャンプ(トレーダー育成合宿)」です。

トレーダーキャンプ

トレーダーズ・キャンプとは、およそ5日間で徹底的にエルダー博士のトレードを学ぼうというもので、これまですでに世界中から2000人以上ものトレーダーが参加しています。

初回はドミニカ共和国で開催され、その後カリブ海、太平洋、地中海の島々で年に数回行われています。ちなみに過日、マカオで行われたキャンプの参加費用は4900ドル。日本円にして約588,000円です。(1ドル=120円で計算)

マカオ

参加者を極めて少人数に限定し、プライベートトレーニングを受ける形で集中的にレクチャーが行われます。エントリーのタイミングから、ストップはどこに設定するか、どこで利食いするのかという目安、またそのように判断した根拠、具体的なアイデアやロジック、そのために利用したテクニカル指標など・・・。

いわばエルダー博士のトレーディングルームに訪問して、博士本人から直々にトレーディングの秘訣を伝授してもらえるようなもの!短期間に濃縮されたレクチャーが進むにつれて、エルダー博士のトレード技術や考え方のエッセンスが参加者たちの脳に次々とインプットされていくというわけです。

本気でトレーディングに取り組んでいる、もしくは気持ちを入れ替えて真剣に取り組みたいと考えている人なら、世界トップレベルのトレーディングが、ありのまま披露されているトレーダーズ・キャンプに関心を持たないわけがありません。

けっして安価とはいえない費用であるにもかかわらず毎回キャンセル待ちがでるほど人気があるのも、短期間のうちにトレーダーが持つ欲求や痛み、問題点をクリアできるだけでなく、もう一段ステップアップできる具体的な方法を手に入れることが出来るからに他なりません。

世界的な権威から、直接みっちりとトレーディングを学べる貴重な機会なので、もし、あなたにお金と時間があり、英語が理解できる(講義はもちろん英語です)なら、次に開催されるキャンプに参加されることをオススメします。

しかし、現実的にはキャンプ参加は不可能・・・

もし、あなたがこのキャンプへの参加を検討するとしたら・・・実際どうでしょうか。トレーダーズ・キャンプがどれほど価値のある投資教育機会だと聞いても、多くの方は現実的には難しいという答えになるのではないでしょうか。

一週間も海外に行くとなると費用もそれなりに掛かりますし、何よりそれだけの自由な時間を確保できないという人も多いでしょう。一人で海外に行くことに不安を感じる人もいるかもしれません。そもそも英語に自信がなければ理解できるかどうか心配ですよね。確かに興味はあるが、仕事もある、家庭もある。無いものは、時間と金と英語力・・・。

当然ですが、いくら興味をそそられても、誰もがそんなに易々と世界中の島々に行けるなんて、私たちも考えていません。言葉の壁があることも当然わかっています。わかっているのに話題にしているのはどうしてでしょうか?

もちろん理由があります。それは私たちが、それらすべての問題をクリアしたものを提案できるからに他なりません。

いつでも好きなときにキャンプに参加できる方法がある!

そうです!これまでなら個々の生活や物理的あるいは経済的理由で、限られた人しか参加することのできなかったトレーダーズ・キャンプ(参加費58.8万円)を日本語字幕付き映像で提供できることになったのです!!

しかも、より集中的にポイントを絞り込み、約6時間の映像データにまとめられています。いわばトレーダーズ・キャンプ完熟エッセンス! しかもしかも、今回はDVDとともにオンライン配信版も併せての提供となります。

自宅でゆっくりDVDを観るもよし、外出先で携帯端末から視聴するもよし。インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも時と場所、デバイス(スマートフォンやタブレットでも視聴できます)を問わず学習いただけます!

もちろん、これは日本初の試みです!

好きなタイミングで何度でも、トレーダーズ・キャンプに参加し、世界最高レベルのテクニックを身につけることができます
トレダーズキャンプDVDセット
商品について

トレーダーズ・キャンプの内容は、エルダー博士がもっとも重視する3Mの考え方はもちろんのこと、トレーディング理論をクイズ形式で進めていくなど初心者でも抵抗なく受け入れられる工夫が随所に盛り込まれています。

ボラティリティの高まったマーケットに対するデイトレードの有効性に関する解説も盛り込まれ、より実践的な内容となるように、実際のチャートを表示しながらの講義が展開されます。

また少人数であるがゆえのメリットとしてレクチャー中は質問が頻繁に飛び交い、収録映像であるにも関わらず、実際のクラスルームにいるかのような臨場感を味わえる形になっているので、緊張感をもって講義に臨むことができるでしょう。

マーケットで生き抜くためにトレーダーが厳守しなければならないルールや具体的な記録管理、成績評価のつけ方、実際のチャートを使ったトレーディング戦略の解説とシステム利用のケーススタディなど、どれもこれも興味深いものばかりです。

さらにトレーダーの最大の盲点とされる心理的弱点を随所に指摘しながら、テクニカルの客観性を盛り込んだ内容を、精神分析医エルダー博士ならではの絶妙な表現を用いることで、最後まで興味深く講義に取り組めるように構成されています。

実際のチャートの動きは教科書どおりとはいきません。相場は常にトレーダーを翻弄しながら変化し続けています。その変化に応じていくには、やはりマーケットへの理解が必要なのです。

そのために必要なのは修羅場をくぐった経験でしょうか?膨大で緻密な知識でしょうか?それとも両方必要でしょうか?今からそれらを脳にインプットしていくのは想像以上に大変なことです。

ですが、それはあなたが誰にも頼らず、0から始める場合です。すでにそれらの大きな壁を乗り越え、あるいは回避できる方法や考え方を熟知している先駆者の智恵をそっくりそのままインストールすれば、何も0からはじめる必要はないのです。

それでは、トレーダーズ・キャンプの概要をもう少し詳しく紹介しましょう。

day-1
  • マイナスサムゲームを優位に勝ち抜くために意識すべき3つの障害
  • 破産したくなければ知っておこうビジネスマンのリスクという概念
  • マーケットにおける集団心理についての自己分析テスト全18問
  • 古典的なチャート分析で注目すべき数少ない見極めのポイント
  • 瞬間的に訪れる絶好の機会を見逃すな!一目でわかる売買サイン
  • 仕留めるのが簡単なのはゾウ型とウサギ型どちらのトレード方針?
  • 長期短期2本の指数移動平均線を使って割安感をあぶりだす方法
  • 正常な範囲と異常な値を一瞬で判断できる便利なテクニカル指標
  • すぐわかる!○○のダイバージェンスが示す明確な強気シグナル
  • 値動きと取引高情報を活用し買い圧力と売り圧力を読み解く秘策
day-2
  • 3つの時間枠を使って戦略と戦術の意思決定!鍵となる数字は「5」
  • なぜ市場が開いた直後はトレードを仕掛けてはいけないのか?
  • 慣性と勢力で市場分析し全てのトレンドを見つけるシステムとは
  • 市場が短期的に底をつけたという明白なサインが見抜ける方法
  • デイトレーダーにとって最高のゲームは○○の逆を狙うトレード
  • 答えられなければトレードがギャンブルになってしまう3つの質問
  • リスク管理の鉄則とトレード計画書の具体的なリスト項目
day-3
  • エルダー博士が毎朝確認するスプレッドシートの内容と心理テスト
  • トレードをするたびに常に意識しなくてはならない2つのゴール
  • なぜトレーダーは当然守るべき取引ルールから脱線してしまうのか?
  • 80%が合格ライン!3つの観点からトレードの質を自己採点する方法
  • トレード目標は金額ではなくチャネル幅!エルダー博士のABC評価法
  • 手持ちの株を全部売り、空売りを考える逆イールドカーブとは?
  • 合理的な価格帯とは?元ブローカー、デビット・ワイスの特別講座
day-4
  • トレーダーの命取りとなる2つの要因!サメピラニアの脅威とは?
  • トレードを継続させるために徹底すべき1%、2%、6%のルール
  • なぜ高い教育を受けた人ほどトレーディングで成功しにくいのか?
  • デイトレードは空売り?注意すべき点は○○で方針が変わること
  • ロシアのことわざが意味する利食いと損切りの目標設定の重要性
  • 資金管理の鉄則は頑丈な形トライアングル・リスクマネジメント
  • 楽観主義者がトレーディング中にやってはいけない最も危険なこと
day-5
  • アルコール依存症を救う2つの自助モデルをトレードに応用すると?
  • エルダー博士の具体的なマーケットウォッチの手順をまるごと公開
  • 致命的な打撃を防ぐ“二重の備え”でトレーディングを継続させる
  • ラリー中に時々起こる揺り戻しで○○がマイナスになったら買い時
  • 米国の大統領選挙がある年はトレードチャンスが拡大する理由
  • 計画的なトレーディングに必要なのはスポンサーではなくリスナー
  • リアルチャートを使ったトレーディング解説(ケーススタディ)

まだまだここでは書ききれない魅力あるテーマが盛りだくさん!資料、チャート、ディスカッション・・・、
すべての映像、エルダー博士の一挙手一投足があなたの投資本能を刺激する見逃せないものとなっています。

ここで、あなたがこのトレーダーズ・キャンプに参加することで学べる5つの価値を示すと、

あらゆる金融商品に通じる

すべての金融商品に通じる、心理学、戦術、資金管理、記録管理について紹介されています。なので、FXしかやってない、株しかやってない、もしくはスキャルピング、デイトレード、中長期など金融商品の種類やトレードスタンスにかかわらず、これからのトレーディングを劇的に変えるほどの大きな材料になります。

もちろんマーケットによっては少なからず癖や特徴があるので、それらを見抜かなければなりませんが、それもキャンプをすべて見た後であれば、とても簡単なことになっているでしょう。

国際的ベストセラーにも記されていない実践的手法

なぜ、彼の著書“Trading for a Living”(邦題:『投資苑』)が世界的に500万部を超える大ベストセラーになったのか?その理由はとても簡単です。エルダー博士がそのなかで説いている考え方やロジックがまぎれもなく本物で素晴らしいものだからです。

トレーダーズ・キャンプでは、この“Trading for a Living”(邦題:『投資苑』)のなかにある重要な内容に関しても当然盛り込まれていますが、それらの概念をどのように実際のトレードに落とし込むのか、その具体的な手法について実戦ですぐに使えるような技術をわかりやすくあなたに伝えてくれています。まさしくアレキサンダー・エルダー博士が行っている投資教育の集大成といってもいいプログラムです。

圧倒的メンター「アレキサンダー・エルダー博士」という存在

最大のウリは、このトレーダーズ・キャンプの主宰が、紛れもなく<アレキサンダー・エルダー博士>本人であるということです。トレードに少しでも興味があり、本気で成功したいと考えているなら、この事実だけでも参加理由としては十分。博士は世界中でも指折りのメンターであり、その功績は偉大です。目をつぶって手を上げておくべきものだと私は考えます。

例えるなら、仮にあなたが歌手を目指していたとして、ジョンレノンやマドンナといった世界的カリスマから、直接、歌の指導を受ける機会があるとしたら?カリスマ本人から直接レッスンを受けられるなんてスゴイことですよね!すなわちアレキサンダー・エルダー博士本人からトレードを直接学ぶということは、そういうことなのです。

参加者たちが自ら転機と語る数々の実績

このトレーダーズ・キャンプに参加したトレーダー達が、成功者として次々と大きな成果を上げています。
例えば、キャンプに参加したシェリ・ハスケル(Sherri Haskell)。彼女は株式と先物を扱う専業トレーダーで数種類のトレード手法を駆使してマーケットから大きな利益を得ているし、2003年から毎年キャンプに参加しているというウィーン在住のマーティン・ナップ(Martin Knapp)は、外国為替、米国株、先物を扱うトレーダーですが、彼もこのトレーダーズ・キャンプに参加したことが大きな転機になったと告白しています。

「エルダー博士の本は何冊も読んでいましたが、キャンプに参加することとは比べ物にならず、キャンプ中はずっと驚きの連続でした。」「私にとってキャンプは大きな転機となり、重要なこととそうでないことを見極められるようになった」とマーティンはいいます。さぁ!次は、あなたが彼らのようになる番です!

ココでしか手に入らない高い希少性

アレキサンダー・エルダー博士の「トレーダーズ・キャンプ」は、日本ではココでしか手に入れることができません。さらに付け加えるなら、現在、このページをご覧頂いている方だけを対象にした特別な割引価格を期間限定で設定しています。

つまり、今回のような機会は本当に貴重だということ。時間が経ってからの無い物ねだりは通用しません。もし少しでも迷うようなら、まだ飛躍の可能性があるということ。まずは手に入れておくべきだろうと私は心から思います。世の中のビッグチャンスをモノにしてきた人物は、すべてキッカケを見逃すことなく、しっかり掴み取った者なのですから。

さぁ、あなたがこのトレーダーズ・キャンプに参加すべき根拠、理由は、もう十分伝えることが出来たのではないでしょうか?あなたがここで手に入れることができるハイレベルなトレーディングのスキルは、食べて無くなるものでも、落として壊れるものでも、消えて失うものでもありません。

中国の言葉で「授人以魚 不如授人以漁」というものがあります。これは「人に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし釣り方を教えれば生涯食べていく事が出来る」という意味です。

つまり、場当たり的な手法、小手先のテクニックといった安直なものではなく、マーケットという広大な海原において、これからあなたが誰に頼ることもなく、たったひとりでたくましく生き抜いていくために必要不可欠な定石といえるもの。

あなたがここで得られるものすべては、この先ずっとトレーディングを続けていく限り、一生の財産として利益を伴いながら継続して活用していくことになる、まさにプライスレスな技術&マインドセットです。

おそらくこのトレーダーズ・キャンプの価値を、今この時点で十分に理解してくれた人ほど、価格が気になっていることでしょう。

では、このキャンプに参加するための費用ですが・・・、

上で紹介しましたが、マカオで行われた実際のキャンプの参加費用は4900ドル。日本円にして約60万円です。(1ドル=120円で計算)そして、なによりエルダー博士のネームバリューに加え、その秘匿性の高い講義内容を考慮すれば、当然ながら安価で提供するわけにもいきません。

そこで、およそ1/3の価格となる19万9800円(税抜)でご提供させていただきます。

トレーダーズ・キャンプで得られるテクニックは一度身に付けてしまえば、株式、先物、オプション、FXというあらゆる金融商品で生涯にわたって役立てることが可能です。

これまですでに2000人以上の成功者を世界中に生み出してきたエルダー博士のトップレベルのトレーディングを習得した人が、この先行投資を回収できないなんてありえないと考えています。

例えば、先ほど少しだけ紹介したセント・マーチン島のトレーダーズ・キャンプに参加したシェリ・ハスケル(Sherri Haskell)はインタビューに対して、「90%運用率を達成しているけれども満足できない、400%を目指す」とコメントしているほどです。

ですが!!

現時点において、すでに負けトレードが積み重なり、参加費用の10倍も20倍も、いやそれ以上の損失を被ってきた人にとっては、これでもまだハードルが高いのかもしれません。あのときの失敗トレードが無ければ、これを支払ってもまだお釣りがあったくらいだ(泣)と嘆いている人もいるかもしれませんね。

私たちからしても、高額な価格設定をすることによって、せっかく軌道修正して今度こそ真剣にトレーディングの学習に臨みたいと気持ちを入れ替えてくれた人が、興味はあるけど手が出せないとなっては元も子もありません。

それこそすぐ目の前にある千載一遇の成功への架け橋の手前で、私たちが通せんぼしていることになります。

19万9800円→99,800円(税抜)

さらにできるだけご負担を軽くし、トレーディングに集中していただけるようにクレジットカードでの分割払い(最大24回)も用意させていただいています。

たとえば6回払いならば、およそ月々16,630円。24回払いならば、1ヶ月およそ4,160円!1日あたり140円ほどで世界トップレベルのトレーディングを学んでいただくことができます。お支払いには期限がありますが、スキルの効果は一生ものです!(ご利用のクレジットカード会社により分割手数料が別途必要になります)

ちなみにクレジットカード決済をご選択いただきお申し込みされますと、本編はもちろん、下で紹介する特典を含めたすべてのオンライン動画をすぐにご覧いただくことができます。(お手続き後に返信される注文確認メール内にこのたびのお届けラインナップの視聴URLをすべて記載いたしております) また分割には対応していませんが、代金引換でのお申込みも可能です。

ただし、非常に言いにくいことなのですが、この特別な価格も、分割可能なカード払いについても、今だけのご対応であることをあらかじめお伝えいたします。いつでも、いつまでも同じ条件でお申し込みをたまわることはできかねますことをご了承ください。

特別価格&3大特典付きのキャンペーンは期間限定です。
予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
先行価格でのお申し込みはコチラ
あなたがキャンプに参加することで得られるもの
  • マスターすれば生涯にわたりエルダー博士と同じマインドとテクニックで稼ぐことができる
  • 株式、先物、オプション、FXというあらゆる金融商品でジャンルを問わず役立てることができる
  • なぜ多くのトレーダーが損をするなか一部の限られた人だけが稼ぎ続けているのかが理解できる
  • 負け続けるトレーダーにありがちなパターンを知ることで無駄な売買がなくなり結果につながる
  • どのタイミングでトレードすれば、より良い結果が実現できるのかを見極めるコツがつかめる
  • 様々な手法を試すも上手く行かなかった人が解決の糸口を見つけることでモチベーションがあがる
  • いま最も有利にトレーディングができる市場はどこか?その見つけ方の手順を知ることができる
  • 楽しむためのギャンブルトレードではなく、資産運用としてトレード自体を楽しめるようになる
ひとつ質問させてください。

あなたは、トレーディングでどのくらい資産を増やそうとしていますか?1千万、1億、それ以上?何十億も稼げるようになれば、胸を張って「自分はトレーディングで生計を立てている」と宣言できそうですね。

もちろん、それは十分可能です。けっして夢物語なんかではありません。事実、そういう人たちが世界には、いえ日本にもたくさんいるわけですからね。ただ、その成功者たちのすべてに確実に言えることがあります。それは、彼らが間違いなく3つの脚(3M)をしっかりと築き上げ、さらに厳格なルールを持っているということ。

マインドセット

そして、あなたに知っていただきたい大事なことは、彼らを成功へと導いた売買ルールやトレーディングの考え方、リスクマネジメント、詳細なテクニックのほとんどが彼らのオリジナルではないということです。つまり、彼らは成功者の誰かが使っている方法を完全習得することで、今のパフォーマンスを実現してきたのです。

では、エルダー博士のトレーダーズ・キャンプに参加することで得られる世界レベルの技術、考え方、マインドセットがあなたにもたらすであろう大きな見返り(収益)に対し、あなたはどのくらいの先行投資をイメージするでしょうか。

そう考えると、今回の特別価格はけっして高額ではないと自信を持って主張させていただきます!

しかも、あなたが得られるものはそれだけではありません
さらに今日、参加するあなたに特別な無料特典があります…

これはあなたの成功をスピードアップしていただくための私たちからの贈り物です。

エルダー博士のテクニカル分析ビデオ6本セット

今回、お申し込みいただいたすべての方に!!
エルダー博士本人が6つのテクニカル指標の実践トレーディングを解説するビデオ(オンライン配信)合計6本を特典として無料でプレゼントさせていただきます。

これら6つのテクニカル指標はいずれも世界中の投資家に長く支持されてきた代表的なものなので、当然のように名前くらいは知っているはずです。

トレーディングで生計を立てる世界のトップトレーダーたちは、数十年も前からこれらを駆使してマーケットで利益を上げています。

実際、私たちがよく耳にする代表的なテクニカル指標のほとんどは、投資先進国のアメリカではすでに20年も30年も前から当たり前のように使われてきたものです。それだけ日本の投資家は、まだまだこの分野においては、悲しいかなヨチヨチ歩きの赤ん坊にすぎないのです。

この機会にしっかりとそれぞれの実践的なトレーディング活用術を習得していただけるでしょう。

※ビデオはオンライン配信での提供となります。

part-1
アナリスト兼ファンドマネージャーであるジェラルド・アペルが移動平均を進歩させ考案したもので、チャート上で交差する2本の線からトレンドをはかりトレードシグナルを発信する。またそのヒストグラムは、相場の強気(ブル)、弱気(ベア)の勢力バランスに関して予測を表示する。
part-2
相対力指数なるもので、最近の損失に利益の大きさを比較し、
一定期間における買われ過ぎと売られ過ぎを判断するための
技術的インジケーター。相場の変化を即時に表示する。
part-3
チャート分析家ジョージ・レーンの開発したオシレーター系指標。
逆張り投資にかけては世界中の投資家に絶大な支持がある
テクニカルを代表する一つ。
part-4
1970年代半ば、J・ウエルズ・ワイルダーJrが開発した
トレンドフォローの分析方法のひとつ。
これによってトレンドに乗る、あるいはトレンドが変化する
タイミングを推し測る。
part-5
1960年代にラリー・ウィリアムズにより開発されたオシレーターで
Rはレンジを意味し、価格の振幅を高い感応度で示す指標。
敏感に価格に先行してシグナルを出すのが特徴。
part-6
良いトレード機会を見つけるためには、複数の異なる時間枠の
チャートを利用し分析しなければならない。長期時間枠から戦略を、
短期時間枠から戦術を導くエルダー博士の手法。

これら6つのテクニカル指標実践解説ビデオ(オンライン配信)を無料でお届けします。

ニューヨーク・マスタークラスセミナー Trading for a Living Update
アイテム

市場を分析するのは見かけよりずっと簡単です。なぜなら、トレーディングは頭脳ゲームではなく、5つの数値を扱うだけだからです。特殊な計算も高度な設計技術も医学知識も必要ありません。ですが、精神的にはキツイ世界です。そこで一定のルールに従うことがマーケットで生き残るための鍵となります。

このマスタークラスではエルダー博士が“Trading for a Living”(邦題:『投資苑』)で伝えきれなかったメソッドやテクニックツールを含めた講義を2時間以上にわたり公開しています。またトレーディングにおける心理学はもちろん、選び抜かれたインディケーターを1つのシステムにまとめ、具体的にどのように使っていくかという実践手法を学ぶことができます。

このセミナーを受講し脳の優れた能力をトレーディングに応用することで、あなたはトレーディングの世界で同時に何役も演じることが可能になります。つまり、アナリストによるプラン作成とトレーダーによるプラン実行をひとりで行い、飛躍的にパフォーマンスを向上させることができるようになるのです。

※ビデオはオンライン配信での提供となります。
さらに、さらに!
カリブ海トレーダーズ・キャンプ
カリブ海に浮かぶ島、セント・マーチン島で行われたトレーダーズ・キャンプの内容をイイところ取りしたおよそ8時間の収録映像(非売品)も無料でお届けいたします。つまり、本来ならキャンプ1回の参加費用が約60万円(さらに交通費だってかかります)であることを考えると、グァテマラとあわせて2回分のキャンプ映像をご覧いただけるというわけですから、どれほどお値打ちかということです!

実は、これまでに世界各地で開催されてきたトレーダーズ・キャンプには、リピーターも多く参加しています。なぜ、高額な参加費用が掛かってしまうにもかかわらず、再びトレーダーたちは参加を希望するのか?それは回数を重ねるたびに新たな発見、気づきを得ることでさらにトレーディングパフォーマンスが向上することを彼ら自身が実感しているからに他なりません。

基本的概念は変わらずとも、そこに応用できる技術の幅が1つ広がることで、その結果として実るものが何倍にも何十倍にもなることをあなたも知ることになるでしょう。

内容を少しだけご紹介しておきましょう。

session-1

トレーダーは相場が動き始めた途端、催眠術に掛かってしまいます。信じられないかもしれませんが、普段のあなたでは想像もつかないようなことを平気でしてしまうのです。周囲に惑わされたり、なかには自ら進んで迷子になったりするような人もいます。トレーダーを迷路に引き込む原因はいったい何なのか。

実はあなたの成功を阻む外的障害はトレードする前から既にマーケットに存在し、個人はおろか集団さえも一括りに飲み込んでいきます。 それらすべての本質を理解し克服することなくして、利益を手にすることはできません。このキャンプのファーストセッションでは、思惑どおりのトレーディングを阻む3つの大きな障害について、具体的な数字の例を取り上げトレーダーが常に冷静な相場判断ができるよう導きます。

session-2

トレーダーの目的は利益を上げることに他なりません。しかし、それはある意味市場参加者どうしで利益を奪い合っているともいえます。もし娯楽目的のトレーダーがいれば、それは利益を奪うチャンスです。これまでのトレードで高額な参加料を払ったうえ運用資金を溶かしていたギャンブラーは直ぐに対策すべきです。

トレーダーは皆、どうしても心理的要素で負の連鎖を起こしがちになります。しかし、相場が強気になるのも弱気になるのも実はある方法を試みると一目瞭然なのです。それらを知ることで仕掛け時、手仕舞い時を簡単に判別し、効率のいいトレーディングが可能となります。そしてテクニカルの最強シグナルとは?

session-3

トレーダーにとって最も危険の要因のひとつに集団に惑わされることがあげられます。市場が予測通りに動けば何の問題もないが、急変すると集団は一気に危機に陥ります。市場で大半のトレーダーが損失を被ることを考えれば、集団から離れて異なる行動をするときこそが利益を獲得するタイミングだといえます。

また天性の才能と絶大な運に恵まれた人なら気ままなトレードでも一時は利益を上げるでしょうが、長年継続していくには必要不可欠なことがあるのです。そのトレーディングを惑わせないための最良の方法を知ることで、危険なギャンブルを回避し価格の変動を的確にとらえることができるようになります。

session-4

トレードをすると決めて注目する対象があっても、必ずしも毎日トレード出来るとは限りません。市場は常に混沌としているもの、かえってトレード出来ないことの方が多いとさえいえるのです。ただし、その中にあって一定のパターンを見ることができます。ツールはそのパターンを見つけるための手段なのです。パターンを探し出し分析することで、より簡単なトレードを可能にします。

現物取引、先物取引を包括的に見ていくことで金融市場の全体の流れを掴み、感覚を養うことも大切です。直観的な相場観は疑わしいものですが、直観的といえるほど早い計算はトレーディングの強い味方です。数字に強くなることで利益目標、許容損失額の設定もスムーズに判断できることに繋がります。

このセッションではこれまでの内容を総括した視点で、チャートを用いて具体的な事例を検証していきます。それぞれの特徴から見方、使い方までを解説してきた複数のテクニカル指標に、各市場の特徴を加味して、総合的に学習してきたことの確認と実践的な判断力の強化を図ります。

session-5

トレードの前に必ずやっておくべきことがあります。それが意思決定木の作成。いかなる相場であっても、予期せぬことは十分起こりうること。自らのトレードをより困難にしてしまわないよう、あらかじめ対象となるものの現状を整理しておくことです。

ここでは白紙の状態から意思決定木を作成する手順を紹介し市場動向をもとに入念な備えをしておくことの重要性を説きます。キャンプ参加者からの質疑応答では“市場にはシグナルとノイズがある”という概念を取り上げ、トレードを自動化することにこだわる多くのエンジニアたちに警鐘を鳴らします。

これらすべてが今回あなたの手元に届きます!

世界中のトレーダーの憧れでもある“アレキサンダー・エルダー博士”の16時間以上の講義を丸ごと手に入れて99,800円・・・1時間あたり6240円ほどということになります。

今どき小学生が通う塾でも1時間5,000~6,000円、ちょっといいところに通わせようと思えば、10,000円くらい必要なところだってあります。それよりも安価で受講できる。しかも、好きな時に好きなだけ、繰り返し何度でも視聴可能なうえに、半永久的に活用し続けられるテクニック&マインドを完全マスターできる!

今回、手にすることができるラインナップをあらためて確認してみても、どう考えてもあなたサイドに有利なオファーです。 間違いなく満足して頂けると確信しています。

特別価格&3大特典付きのキャンペーンは期間限定です。
予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
先行価格でのお申し込みはコチラ
まとめると、
商品 通常価格 今回のみの特別価格
グァテマラトレーダーズ・キャンプ 199,800円矢印 99,800円
テクニカル指標実践解説ビデオ6本セット 50,000円矢印 0円
利食いと損切りの実践ルール 24,800円矢印 0円
カリブ海トレーダーズ・キャンプ(非売品) (非売品) 0円
合計 274,600円矢印 99,800円(税抜)
エルダー博士からトレーディングを学ばなければいったい誰から学ぶのですか?

あらためて申し上げますが、アレキサンダー・エルダー博士は「投資苑」の原著である“Trading for a Living”が1993年に発売されて以来、20年以上にわたって世界の金融の中心であるアメリカの第一線で活躍してきたプロトレーダーであり世界中で最も優秀な投資教育に携わる人物の一人です。

残念ながら、(近頃はかなり改善していると言われていますが)まだまだ投資に関していえば日本は遅れていると言わざるを得ません。いくら日本国内で名前が通っているエコノミストやアナリスト、トレーダーであっても・・・それは所詮、国内に限った話で、よほどでない限り世界のレベルには追い付いてはいないのです。

その証拠に、1993年に出版された“Trading for a Living”が「投資苑」として翻訳され発売されたのが2000年です。なんと7年遅れ。つまり生まれたばかりの赤ん坊と小学生ほどに違うわけです。逆説的に考えれば、それだけ海外のトレーダーたちの知識やテクニックは先に行っているということです。

“日本人のトレーダーが海外トレーダーの食い物にされている”といった過激な表現を聞くことがありますが、私たちはそれが悔しくてなりません。なので、できる限り多くの日本のトレーダーに、現在進行形で世界に通用しているトレーディングスキルを伝えたいと考えたのです。

アレキサンダー・エルダー博士のトレーダーズ・キャンプを日本で公開するに至るまで本当に紆余曲折がありましたが、ようやく念願叶いお届けすることができるようになりました。なので、99,800円というこの特別な価格については、いつまでもこのままというわけにはいかないということを、あらためてここで明確にお伝えさせてください。

あらゆる金融商品に通用する高いレベルのトレーディングを身に付けて、これからずっと利益を上げ続けていこうとするなら、この機会を逃さないようにしてください。投資の世界で生き続ける原則として、「チャンスはいつでもどこでもいつまでも無い」ということを知っているなら、なおさらです。
特別価格&3大特典付きのキャンペーンは期間限定です。
予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
先行価格でのお申し込みはコチラ

現在、投資に取り組む人は右肩上がりに増加しています。それは、単にワンランク上の生活を望むからではなく、現状の生活を維持するために資産運用に取り組む人が増えているという背景もあるようです。

事実、低金利の銀行預金では満足できないことから、積極的なリスク志向へと日本人の経済体質が変化してきていることは、専門家の話のなかにもよく聞かれます。

インターネットの普及によって手軽に情報が入手できるほか、取引会社のネット環境もここ数年で飛躍的に整備されてきました。それら金融各社のCMなどで若者や低所得者でも投資に取り組めるような環境とイメージも構築されてきたといえるでしょう。また政府もNISAの導入など経済活性化に一役買っています。

実際、携帯やスマホなどのモバイル環境でトレーディングできることが、若者のあいだで一種のブーム化している傾向もあり、一方でリタイア予備軍の世代では、年金問題など先行き不透明な未来に対して、少しでもゆとりのある老後資金を増やしておきたいという願望もあります。

しかし、願望が切望に変わり、あっという間に絶望に変わってしまう人は、きっと今後も出続けることでしょう。もし、エルダー博士と出会う機会があれば、絶望に嗚咽する人数は間違いなく減少するだろうに・・・。

だからこそ!私たちは使命感をもって、このキャンプを紹介しています!
トレダーズ・キャンプよくある質問
キャンプに興味があり検討中なのですが、
FXも株もやり始めたばかりの初心者でも大丈夫ですか?
エルダー博士の「トレーダーズ・キャンプ」は、初心者、中上級者のレベルに関わらず、学ぶべきことが盛りだくさんです。とくに初心者であれば、一時的に偶然上手くいった小手先のテクニックをアレもコレもと無理に学習しようとするのではなく、はじめから一生使える王道を基本から習得することを優先すべきではないでしょうか。ノウハウコレクターになってしまっては、いつまで経っても成果は上がらないと思いますよ。
商品はいつどのように届くのですか?
2営業日以内にご登録住所へご発送いたします。(※夏季、冬季休暇の場合はこの限りではございません)クレジットカード決済の場合は、<注文確認メール>内に視聴URL、ユーザー名、パスワードを記載していますので、すぐにすべてのオンライン動画をご覧いただくことが出来ます。
いつまでに視聴すればいいですか?
お届けするオンライン動画に視聴期限は設けておりません。いつでも好きなときに、好きなだけ繰り返しご覧頂き確実にスキルアップをしていってください。「相場は明日もある」という格言もございます。慌てることはありません。
どのくらいの利益が望めますか?本当に効果はあるのでしょうか?
投資家個々の資金量、あるいは投資可能期間などの諸条件によってパフォーマンスは異なるため、具体的な金額の提示はできませんが、必ずこれまでの投資スタンスを改めるべきポイントがいくつも見つかるはずです。またトレーディングにおいて大事な考え方のアドバイスとして、額より率で見るようにしましょう。利益と損失を金額ベースで捉えることで、日常とリンクし冷静な判断を損なう可能性があると言われるためです。
60歳を超える高齢ですが、参加できますか?
もちろん参加できます。実際の海外キャンプであれば、言葉も通じない慣れない環境でもあり、しかも少人数とはいえ他の参加者に気を使うこともあるかもしれません。ですが、この商品はご自宅にいながら、自分ひとりの空間で、自分のペースで、わかりにくいところは何度も繰り返し、エルダー博士の講義を集中して聴けるところにあります。高い目標を前にして、年齢を出来ない理由とするのは止めにしませんか?
購入価格以外に会員費などが掛かりますか?
この商品は会員制ではありません。繰り返し何度ご覧いただいても購入価格以上の料金は掛かりません。あえて言うなら、PCやテレビの消費電力の料金くらいでしょう。笑
専業トレーダーとして脱サラできますか?
すべてはあなた次第です。
分割払いはできますか?
ご負担を軽減するようクレジットカードで分割24回までご用意しています。24回払いならば、1ヶ月およそ4,160円!1日あたり140円ほどの価格で世界トップレベルのトレーディングを学んでいただくことができます。支払いは期限がありますが、スキルの効果は一生ものです。※ご利用のクレジットカード会社により分割手数料が別途必要になります。

P.S.

アレキサンダー・エルダー博士のトレーディングを、博士本人の解説で直接学ぶことができる「グァテマラ・トレーダーズ・キャンプ」は、このページでしか手に入れることができません。

しかも、本編だけでなく、特典もあわせたボリュームを総合的に考えていただくと、間違いなく価格的にも他ではけっして真似のできない好条件で手に入れて頂けると自負いたしております。是非このチャンスを活かしてください。

まだまだ自覚症状のないトレーダーはたくさんいます。気付いたときには後の祭りとならないうちに、ひとりでも多くのトレーダーに本物を届けたい!まだホロ酔い気分でいるうちに、しっかりとしたトレーディング思考と技術を身に付けるべきです。

あらためて宣言します。世界的に著名なトレーディングドクター本人から本格的に学べる唯一のチャンスです!
メディカルチェックはまだ間に合います。今すぐ下のボタンをクリックしてあなたの決意を知らせてください。

特別価格&3大特典付きのキャンペーンは期間限定です。
予告なく終了する場合がございます。予めご了承ください。
先行価格でのお申し込みはコチラ